姫路黒桟革「極」

日本古来から伝わる伝統技術を融合させたサムライレザー。

  • HOME
  • 姫路黒桟革

『革の黒ダイヤ』の異名を取る姫路黒桟革

天然皮革の魅力を引き出す「なめしの技術」と「皮革の吟面の美しさを活かした厳しい塗りの技術」二つの技術からなされる芸術品です。国産黒毛和牛を使用して日本古来の伝統技法である『なめしの技術』と『漆塗りの技術』を融合させたのが姫路黒桟革です。摩擦に強く現在では剣道の胴胸などの武道具に使われ、戦国時代には、大将クラスの甲冑に使われていたと言われる代物です。

極 -KIWAMI-

2014香港APLFアワードMM&T展(素材展)にて日本人初のベストニューレザー部門グランプリを受賞した姫路黒桟革『極』は、なめしの技術で手もみに頼る事なく 吟面のシボを最大限に引き出し、漆の特徴の乾固を利用し、なめしの技術と塗りの技術を極め、最大限に魅力を引き出し生まれた不易流行のジャパンレザーです。 審査員に「サムライ以来の伝統的な革をかばんや靴などの現代ファッションの域に高めた」と高く評されました。

極×藍(本藍染)

黒桟革「極」に本藍染を施した皮革。通常、弱酸性である皮革に強アルカリ性の加工である「藍染め」を施すことは大変難しく、革職人さんが研究を重ねて染色方法を発案し実現した非常に希少な皮革となっております。

黒桟革が出来るまで

黒毛和牛の原皮を脱毛し、白くなめし、植物からとった「渋」・液状の鉄を浸透させます。渋と鉄が化学反応を起こし茶色の牛革が黒くなっていきます。黒桟革のシボの表情には、型押し・極上黒桟(手もみ)・『極KIWAMI』が有ります。シボに手作業で漆を施し、乾燥と塗りを繰り返します。 幾層にも塗り重ねることで漆の光沢とボリューム感が生まれ、黒の艶に深みが増します。こうした手間をかけて完成した黒桟革は数少なく、専門の職人でも月に20枚程度しか作れない大変希少なものです。