WALDES(ウォルディス)

1930年代のアメリカで実在していた歴史あるジッパーブランド

  • HOME
  • WALDES(ウォルディス)

WALDESは1930年代のアメリカで実在していた歴史あるジッパーブランドです。

時代の流れと共に風化し、フリーになっていたこのブランドの商標権を朝日ファスナー(株)さんが取得しヴィンテージジッパーとして復刻されました。

ヴィンテージジッパーWALDESは、エレメントが各種非鉄金属で出来ています。ジッパーの歴史の中でも一番古い製法で、エレメント素材にアルミ、丹銅、洋白を使用。プレス成型されたエレメントは重量感に溢れ、また、 メッキを施していませんので、経年変化が楽しめて独特な雰囲気を醸し出します。

WALDES Zipperのこだわりは綿100%テープ仕様。昔ながらの力織機で製造している事です。現在は少なくなりましたが、動力を用いて布を織る力織機でシャトルと言う木製のものが往復運動を繰り返し、縦糸に横糸を打ち込んで織っていきます。 ゆっくりと1時間に4~5mほどしか製造出来ませんが、生地は織端がほつれないように耳がついています。特長として、 ほつれにくく、強度もあり、独特な風合いに仕上げたこだわりのテープです。


 

WALDES LINEUP